MMDで小さなキャラクタを動かす実験をしました。

小さな実験体
自作の”ちびモデル”をMMD上で動かす実験をしました。
実験第一号は見事に失敗して奇妙なお化けのようになってしまいました。
画像は実験2号ちゃん。
何とかある程度動いてくれますが、やはり問題が多発・・・

実は、最初に”ちび”と書きましたが真っ赤な大嘘でかなり巨大。
大きさでいえば大の大人が中に入った着ぐるみくらい巨大です。
しかも巨大な頭が重さを感じさせない華麗なターンをきめるので見ていると少し不安になります・・・ -_-
腕を肩より上にあげると、どうしても頭にめり込んでしまうので、いい解決案はないかと探してみたのですが、残念ながら根本的な解決方法はなさそうです。

なかなか思うようにいかないものです・・・ x_x
Category: 日記 Tag: MMD

コメント

コメントの投稿

トラックバック