キーボードの受付かぁ

Demo
このプログラムはA,S,D,Wキーで画像が移動します。

以前作ったキー入力を受け付けるプログラムをそのまま使ってみました・・・んが・・・

var keya = 0,

//キーボードのイベント
if( document.addEventListener ){
document.addEventListener("keydown", down, false );
}else{
if( document.attachEvent ){
document.attachEvent("onkeydown", down );
};
};
if( document.addEventListener ){
document.addEventListener("keyup", up, false );
}else{
if( document.attachEvent ){
document.attachEvent("onkeyup", up );
};
};
function down( ev ){
if( ev.keyCode === 65 ){
keya = 1;
}
};
function up( ev ){
if( ev.keyCode===65 ){
keya=0;
};
};

・・・これで、ゲームのプログラムが'keya'が0ならば押されていなくて、1ならば押されているというのをフレーム毎に確認しているわけなんですが・・・'keya'のスコープがグローバルじゃないと役に立たないんですねぇ -_-
で、どうしようかと考えていたんですが、思いついたのがキーコード番号名ごとに配列を作って、キーを押されたらその番号の配列の値を変更する方法です。
これなら一度作ったキーコードを使い回せそうですし、同じ名前の配列で管理できるので便利そうです。
忘れないうちに作り始めなければー ・。・ノ
Category: 未分類

コメント

コメントの投稿

トラックバック