あたりはんてい・・・あたり・・・

えーあー・・・当たり判定。
今使っている判定方法は、長方形の範囲の中に、もう一方の長方形の頂点が含まれているのか、いないのか、で判断していたんですが・・・何と他にも方法が!!

それが何と、ベクトル です。
ベクトル・・・
・・・
まったく分かりません -_-
が、たぶんですね。
例えば、四角形の場合各辺ごとに、このベクトルを使って辺(実は’面’らしい?)から、点までの高さを計算するんだそうです・・・意味分からんチン。
そしてさっぱり分からないのが法線という謎の文字。
どうやら、数値てきには(0,0,1)なんかを使うようですが・・・なんでだ ・。・??
また、実験しながら前に進めていこうと思います -_-
Category: 日記

コメント

コメントの投稿

トラックバック