3Dの当たり判定を2次元でも・・・①

Demo
このデモは、ASDWキーで飛行機を動かすことができます。

このデモが何をしているかというと、画面左下にある茶色の三角形の上の辺と、飛行機の右上のポイントに注目してください。
上下の移動をしても、画面中央の数値は変化しませんが、左右に移動すると変化します。
実はこれ、3Dのゲームなんかで使われている当たり判定の方法なんです・・・だそうです -_-
詳しく説明すると、飛行機の右上のポイントが三角形よりも左側にあれば、-1よりも大きな数が。
飛行機のポイントが三角形より右にあれば1よりも大きな数が。
それ以外の場合、つまり、三角形の幅に収まる範囲にあれば-1~1の範囲で値が変化します。

計算方法は長くなるので今回は書きません -_-

なんだか、当たり判定を研究するブログになってしまった -。-
Category: プログラム あたり判定

コメント

コメントの投稿

トラックバック