ページナビ作成日記 その10

今日は、プログラムをわかりやすく修正しました。
ページジャンププログラムの流れはこんな感じ。
1、アドレスを取得。
2、アドレスをhttp://~最初の/までとそれ以降に分割。
3、分割したアドレスの後ろ側から&が使われているか?やcategoryという文字列は出るか?などを見て4種類に分類する。
4、3で取得した種類をもとに、アドレスを作っている要素を取得し、コンテンツ固有のページ表現を末尾に追加する。この時にアドレスを取得する時に.HTMLを付けるかどうかもみる。
5、3で取得した種類をもとに、閲覧中のページ番号を取得する。
プログラムを修正して分かり安くなった?ので、あしたからは、ボタンとして出力するプログラムを作ってみようと思います。
Category: JavaScript Tag: JavaScriptHTMLナビ開発

コメント

コメントの投稿

トラックバック