ページナビ作成日記 その11

今見ている記事よりも、新しいページと古いページをそれぞれ2つずつ表示するプログラムを追加しました。
2つずつとは書いていますが、引数を変えると変更できます。
それから、今見ているページより、新しいページがない、または古いページがない場合は表示されないようにしています。
後はこれをaタグのharf値として出力すれば、簡単なページジャンププログラムの完成です。
Category: JavaScript Tag: JavaScriptHTMLナビ開発

コメント

コメントの投稿

トラックバック