セットインターバルを軽くするプログラム、実験成功です。

setIntervalを軽く(一個にまとめる)プログラムのにclearIntervalを組み込むことに成功しました。
実行用の配列と次のフレームに反映される配列との2つを用意することで、一応成功しました。
とはいえ、まだ実行タイミングのことは全然考えていないんですよねー・・・
フレーム毎に時間を取得して・・・
配列の中のオブジェクトにプロパティを持たせて、前のフレームとの時間の差をプロパティに足しながら保存して・・・
実行タイミングの時間を満たしていれば実行して保存していた時間を0にしてまた始めから・・・
といった流れかな?
なんだか、軽くするつもりが、だんだん処理が増えてきたよ・・・
もしかして、ブラウザごとにこんなことしなくてもいいような改善がされていたり・・・?

コメント

コメントの投稿

トラックバック