これはナカナカ有用な情報ジャ

なんと、ここ2日悩んでいた問題を解決してくれるコメントが有りました ・。・!
別のページから手に入れたString型のhtmlをどのようにまたhtmlとして取り出すか(パースするというらしい)ということで四苦八苦していたのですが、なんとXHR2という新しい?オブジェクトを使えば簡単にできるそうです!
残念ながらIEの8と9は対応していないようですが、よくよく考えてみればJavascriptが動かない場合でも問題ないデザインにするのでした・・・すっかりお忘れでした -。-
それで、ここからはオイラの使い方一口メモ。
var
xhr2=new XMLHttpRequest(),
html;
xhr2.onload=function(){
 html=txml.responseXML;
};
xhr2.open("GET", URL);
xhr2.responseType='document';
xhr2.send(null);

からのエレメントに移してパースする必要が無くなったのと、onloadのおかげでif文が減ったのとで、ずいぶん短くなりました。
onloadとresponseTypeはlevel1では使えないので注意が必要。

ん〜、responseTypeが使えればパースなしで使えなければパースするという風にしたらいいのかな・・・ohそうだったそうだった、使えない時は使えないなりに問題ないようにするのでした -_-
Category: 日記 Tag: 日記開発JavaScriptプログラム

コメント

33.干物のふりかけ
ifが少なくなってすっきりするのはガチですよねw
ifが少なくなるとすっきりするし軽くなっていいですよね!(軽くなった気分になるだけか・・・
Javascriptはあんまりよくわからないですけど自分がプログラムを組むと必ずifが10個くらい続くところができるっていうw
| Edit

コメントの投稿

トラックバック